So-net無料ブログ作成

法的手続きのメリットとデメリットは? [法律]

money.jpg

法的手続き=債務整理は返し切れなくなってしまった借金が減額される、もしくはその全額の返済義務が免除される、多重債務の解決手段です。
ですが、これを行うと信用情報に記録される為、それによって何かしらのデメリットが発生してしまうことは否めません。
このような点を気にしてしまい、債務整理に踏み切れない人もいるのではないかと思われます。
ですが、それを上回るメリットがあるということを決して忘れてはいけません。

債務整理には主に任意整理、個人再生、そして自己破産の3種類があります。
どれを行っても上記の信用情報によって、その後数年間は新たな借り入れを行うことはできなくなります。
しかし、借金の減額や全額の返済義務の免除を受けた後にまた借り入れを行うような行為は、同じことを繰り返すだけです。
これはデメリットと表現するより、むしろやり直す為にとられる処置だと考えるべきです。

そして、個人再生や自己破産したら、それが官報に記載されます。
官報とは政府の発行する新聞のようなもので、誰でも自由に閲覧することが可能です。
ここに名前と住所が記載されると、それによってデメリットがあるように思えてしまいますが、正直なところ、官報を欠かさず読んでいるような人はそうはいません。
その存在さえ知らない人も多く、これがそれほどの影響になるとは考えられません。

自己破産の申請には私財の処分の必要がありますが、全ての借金の返済義務を免除してもらう為です。
それを躊躇って多重債務の状態を続けるのはとても得策だとは言えません。
処分した私財以上のメリットを受ける為には、それくらいの制限は小さいものだと考えるべきです。

また、よく聞くうわさでは、債務整理したら、それが周りの人に知れてしまったり、郵便がチェックされてしまったり、海外旅行に行けなくなってしまうなどと言われているようです。
しかし決してそのようなことはありません。
官報以外に人に知られてしまう可能性はありませんし、郵便の利用や旅行に制限が設けられるようなことも一切ありません。

法的手続きをすると、確かに多少の不自由こそ発生しますが、借金の減額や全額の返済義務の免除とくらべると、極々小さいものです。
よって、これを怖がって躊躇う必要はないということです。


共通テーマ:マネー

人生初の弁護士相談の体験談。 [法律]

police.jpg

僕は最近人生で初めて弁護士のお世話になりました。
お酒も提供しているレストラン的な感じの飲食店に勤務しているのですが、酔っぱらった若い30歳くらいの男性に因縁をつけられ、血が出るまで殴られました。
内容としては、テーブルに置いてある水の温度が体に合わず、こんなまずい水を出す飲食店でおかねを取るのか?という感じでめちゃくちゃな因縁をつけられました。

水はもちろん通常通りの問題のないもので、他のお客さんからクレームが出たことももちろんなく、自分たちで確認もしました。
あまりに意味不明に暴れまくられたので警察に電話して来てもらい、傷害と器物損壊で現行犯逮捕という形でその男性は警察署に行き、自分たちも警察署で事情を話し。。
といった感じでした。

しかし、こちらの被害届の内容に不服なのか認めず、罪を認めない上に、こちらが先になぐったなどと意味不明な事を言い張りました。
裁判所へ行って色々話したうえで裁判という形になりました。
裁判となるとやはり不安で、自動車保険に、通常の生活でも使える権利がついていたので、弁護士に相談し、裁判を進めてもらいました。

保険に付帯していたので、費用もかからず、無料でした。
こういうとき、弁護士さんというのはとても難でも相談できる素晴らしい人にみえてしまいました。
やはり、法律のことは専門家にお願いするべきだと思いました。

lawyer.jpg



共通テーマ:マネー

自己破産したら生活は楽になるがリスクもあることも知っておいた方がいい。 [法律]

money.jpg

なぜ破産をするかというと借金が返せない状況に陥るからです。
数万円数十万円程度ではありません。
数百万円以上だと思います。

実際に私も過去に自己破産をすることになりました。
当時の借金は消費者金融から300万円程度ありました。
はじめからではないのですが借金を返すために借金をしてこの金額になりました。

やがて支払いが遅れはじめ金融会社からの催促に悩んでいました。
ふとネットを見ていたら無料の相談所があることを知り相談しました。
そこで知ったのが任意整理や自己破産です。

自分はどちらがいいのか相談した結果は自己破産を勧められました。
その中で無料の司法書士を紹介され、手続きするための準備をしました。

はじめに言っておきます。
簡単に自己破産はできません。
リスクもあります。
裁判所に行くことになるし書類もたくさん書かなければなりません。
申請をしても借金が全てなくなるかと言えばそうではないです。

私の場合は300万が30万になりました。
理由があるのです。
借金をしたほとんどを、生活費ではなく、遊びに使ったためです。
計画を立てて30万を返していくことになりました。

催促などの電話もなくなり楽になりましたが、これからは数年の間はどこからも借金ができなくなります。
手続き後は、車を買いたくても自分の名義でローンは組めません。
借金はほぼなくなりますが、借り入れはできなくなるリスクがあることを知っておいた方がいいです。


共通テーマ:マネー